パーツの違いとCPUの選び方

「パソコンで高画質な3Dゲームがしたい」「ハイスペックなゲーミングパソコンであのゲームを最高画質で動作させてみたい」そんなロマンを自分だけのデスクトップパソコンやノートパソコンで実現していきたいと考えた時に、そうした自分のニーズと合うものを選び抜くための知識として「各パーツが持つ役割と重要性」を知っておくべき必要があります。

この記事ではデスクトップ型のゲーミングパソコンを自分にあったものを選び抜くために最低限知っておきたいことをお話していきます。

ゲーミングパソコンで一番大切な「CPU」

CPUとは、パソコン上のあらゆる動作の処理速度を司るパソコンの頭脳のようなものです。これは演算処理装置とも呼ばれ、プログラムを動かすために必要な情報の処理や計算は、そのほとんどがここで行われます。難しい説明はここでは省きますが、ゲーミングパソコンを選ぶ上で最初に確認すべき点は、このCPUの性能がいかほどのものなのかという点です。それくらい重要なパーツです。

排熱性が一番大切「ケース」

通販サイトなどでデスクトップパソコンをどれを購入するか迷っていると、画像ではどれだけ排熱性が高そうかという判断は難しいものです。そんな中で大まかに知っておくと良い基準としては、ケースが小さくなればなるほど熱がこもりやすくなります。これは熱を放散する内部のスペースや、外へ通じる吹き抜けの部分が少なくなりがちだからです。

3Dゲームの命!第2のCPUとも言える「グラフィックボード」

グラフィックボードとは通称グラボとも呼ばれるゲーミングパソコンにおける非常に重要なパーツの一つです。パソコンの描画機能を大幅に強化する拡張カードで、CPUにもともとグラフィック機能がない場合には、このグラフィックボードの中にあるGPUというパーツがグラフィック機能の強化を担います。

グラフィックボードで人気なのはNVIDIAのGeForce GTXシリーズです。特にゲーミングPCには必ず搭載されていて、ゲームをサクサク動かすために欠かせない存在です。どのグラフィックボードを選ぶかによってゲーミングPCの性能が決まると言ってもいいくらいです。ゲーミングPCの選び方については「ゲーミングPC辞典」の記事を読むのがおすすめです。

「メモリ」はパソコンのスタミナ

CPUがいくら高性能でも、このメモリと呼ばれるパーツが貧弱だと、パソコンで行われる全ての処理は「スタミナ切れ」によってまともに動作してくれなくなります。より専門的に解説すると、このメモリとは「CPUが情報を処理する際の一時記憶領域」であり、パソコンの処理の作業スペースのような場所にあたります。このメモリはどちらかというと、後から取り替えることが比較的簡単なため、予算に限りがある場合には最初は最低限の機能のものでもよいかもしれません。

CPUはIntelとAMDどっちが良いの?違いや性能比較

CPUはパソコン全体の演算や処理の全般を担う重要なパーツです。そのため、他のどんなパーツよりもどれを買うべきか慎重になり、事前に徹底的にリサーチをした上で選ぶべきです。

自作パソコンへの使用が推奨されているCPUとしては、「Intel」と「AMD」の2社のものが存在し、それぞれの性能や特徴はかなり異なります。自分が自作するパソコンの用途に応じて、どれを購入するか決定していきましょう。

CPUは、2017年にAMD社から「Ryzen」と呼ばれるシリーズが発売され、その市場への影響は凄まじいものがありました。そして、CPUは新しいものが開発されるたびにその設計の見直しが徹底的に行われており、基本的には新しいものほど性能が高く、省電力にも特化していると言えます。

AMDのCPU「Ryzen」などの特徴は?

AMDのCPUの最大の売りは、なんといってもコストパフォーマンスの高さでしょう。通常の演算処理においてはIntel社の同じ価格のCPUよりも精度が高い場合があり、「安いのにハイスペック」というパソコンマニア御用達のブランドでもあります。

しかし、そんなAMDのCPUにも弱点はあります。それは「ゲーミングパソコンとの相性の悪さ」です。AMDのシングルスレッドはその能力で少々Intel社のものに劣っており、ゲームをがっつりやりたい方であれば、AMDののこうした弱点も知っておいたほうが良いでしょう。

AMD社最強のCPUは「Ryzen 7」

16スレッドのガチガチのゲーマー向けのモデルで、2018年6月現在でAMD製のCPUで最新のものとなります。AMDの最も新しいアーキテクチャを採用した超ハイエンドモデルで、現状AMDで最強のCPUになります。

IntelのCPU「Core i7」などの特徴は?

IntelのCPUの特徴はなんと言ってもその万能性にあります。どんな動作にも違和感なくレスポンスを返してくれるその性能は、ゲームなどの複雑な演算処理にも対応でき、「とりあえずこれを選んでおけば問題ない」と言えるほどに、どんな方にもおすすめできるCPUです。

弱点としては、AMDなどと比較した時の価格の高さでしょう。

Intel社最強のCPUは「Core i9」

Intel社のCPUで現状最強と言われているのはCore i9と呼ばれるもので、10個以上のコアを持つ商業・サーバー用途向けのCPUです。他のCore i7等とは全くアーキテクチャを持っているいわゆるウルトラハイエンドのCPUとも。